top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

子ども食堂が、9,131か所に増加

「子ども食堂」を支援する「認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」(東京都渋谷区、理事長:湯浅誠)」の発表によると、

全国のこども食堂が昨年度から1,768箇所増え、「9,131か所」となり、全国の公立中学校と義務教育学校の数を合わせた9,296か所となりました。2018年度の調査開始以降において、最も多い増加数になります。

最多は東京都 1,009か所、2位 大阪府 757か所、3位 兵庫県 521か所。

上位2都府は2022年と変わらず、上位3番目は 神奈川県 から 兵庫県 になりました。一方で、もっとも箇所数が少ないのは、秋田県 38箇所、福井県 41箇所、長崎県 48箇所でした。


国や自治体による子どもの居場所づくりへの関心が高まり、助成が増えている。企業社会貢献として運営する食堂が増えている。増加の理由として私が実感しているのは、この2つです。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1回「COCORO自習室」のご報告

早くも区内中学校の1学期中間考査の時期がきて、普段「COCORO学習室」を利用する子どもを中心に、「COCORO自習室」を6/4(火)~6/13(木)8日間実施しました。なお、水曜と木曜は定例の「子ども食堂」「mini子ども食堂」並びに学習支援教室(COCORO学習室)を兼ねています。中学生5人が参加(延べ35人)し、講師や会員は延べ69人でした。 会員で調理当番のシフトを組み、学習支援講師の学生

Comments


bottom of page