top of page
検索
  • あがつま

冬休みの居場所事業

更新日:1月9日

冬休みの間、ランチの提供と学習支援を実施していました。

1.参加日数と参加者数

 ①活動日数10日間(個別対応の1月2・3日を含む)

  12月27日(火)~12月31日(土)、1月2日(月)~6日(金)

 ②子どもの参加者数 のべ計87人(小学生46人、中高生41人) 

2.スタッフ数のべ 計53人

 内訳:会員 24人、ボランティア 3人、社会人講師 5人、学生講師(有償)21人


◎中学生は期末試験も迫ることから、毎日午後2時~4時に集中して学習しました。

◎小学生は、冬休みの宿題を仕上げました。

◎1日の人数が少ないため、普段はできないスパゲッティやラーメンも(↓ラーメンのトッピングで欲張った子の写真(^^ゞ 子ども達とたこ焼きもやりました。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page