足りない時、余った時

August 24, 2017

 

これから「子ども食堂」を始める方からよく聞かれる質問の一つに、
◎「食事が足りない時はどうするの?」というのがあります。
ー答え:定員40人としてスタッフ分10人分を加えて多めに作るため、不足しません。最悪、スタッフ分を少なくするか、食べません(^^;
「40名定員」とチラシ・看板に明記しているので、遅い時刻に来てご飯が無かったら、諦めてくれるとも思います。

 

◎「余ったらもったいないから、完全予約制にした方がいいのか?」
ー答え:予約してくるのは、ほんの数名。仕事と子育てに追われて余裕のない親御さんが多いし、子どもも忘れていたりします。予約しないと行けない、そう堅苦しく思われると足が遠のきます。「(なるべく)予約してね」くらいで。

そして、(みそ汁の汁以外)余っても捨てません。「ご寄付のお米や野菜を絶対に無駄にしない」という信念をもっています。
スタッフが持ち帰って、帰宅の遅い家族の夕食や翌日のお弁当に利用したり。参加者が「冷凍して食べる」と、ご飯を持ち帰ることもあります。
例前夜のナポリタンライスの残りの一部が、私のランチになりました (^^♪

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「北区ニュース」に掲載

November 19, 2019

1/5
Please reload

最新記事

January 1, 2020

December 24, 2019

December 19, 2019

Please reload

アーカイブ