top of page
検索
  • あがつま

全国調査

「認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」の調査で、「全国のこども食堂は6,000箇所を超えていることがわかりました。コロナ禍でも少なくとも1,000箇所以上増えたことになります。」※滝野川子ども食堂も、アンケートに協力しました。


◎「小学校区に対するこども食堂の充足率は、沖縄県(52.85%)、次いで滋賀県(47.71%)、鳥取県(42.74%)が上位となりました。一方、充足率が低いのは、秋田県(9.39%)、島根県(10.15%)、岡山県(10.16%)でした。」


◎「8.5割程の食堂で「大人」の参加があり、6割近くで「高齢者」も参加しています(Q7)」とありますが…人口密度の低い地方の自治体では、会場が広いこと・その地域の子どもの数が少ないこと等の背景があります。うちだと、子どもと親子だけで、満員です(^^ゞ



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page