top of page
検索
  • あがつま

2022年 11月2回目の「子ども食堂」

ー11月30日

◆参加:30人(小20・中7・高校3) ◆スタッフ:11人(会員・学習支援講師・お手伝い)

◆献立:豚バラ大根、炒り卵、キュウリの浅漬け、みかん、おやつ


◎「NPO法人むすびえ」を通して、「日本みかん農協」からご寄付がありました。

◎以前、じゃが芋のご寄付を下さった「日大生プロジェクト」から、立派な大根や人参・さつま芋・調味料のご寄付が届き、献立に活かしました。

◎卒論のインタビューをしたいという方、授業で「子ども食堂」について学んで興味をもったという方の「体験」を受け入れました。大学生は、学習支援講師の2人を合わせて4人となり、お弁当を提供しました。


※保護者の帰宅が遅い子などは、各自離れて会場で食べています。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page