検索
  • あがつま

2020年 10月1回目の「子ども食堂」

最終更新: 10月15日

◆参加:34人(小学生28、中学生4、高校生2)、お届け1人

 *コロナ対応で定員を減らし、小学生以上の子ども限定としています。

◆スタッフ:15人(会員9、お手伝い5、学習支援講師1)

◆献立:ハヤシライス、ワカメとエノキのスープ、ミニトマト、キュウリの浅漬け、バナナ、柿、パイナップルとナタデココのゼリー、さつま芋のキャラメルソース和え、お土産(アルファ化米・パスタソース、おむすび山、お菓子)


◎「NPO法人むすびえ」を通して㈱神戸物産よりゼリーとパスタソース、ミツカンおむすび山、㈱三信化工より防災用のご飯、㈱ドールからバナナ、支援者から柿とお菓子のご寄付をいただきました。ありがとうございます!

◎「ホームーページを見ました!」と、先週の学習支援教室で登録してくれた青年と女子大学生が、子ども達の輪の中に入って遊んでくれました。お二人におんぶや膝抱っこをしてもらっている子もいて、「お兄さん・お姉さんの力」はやはり、大きい!

◎中央区で「子ども食堂」を開きたいという方達が見学・お手伝いにみえました。また、支援者がさつま芋持参で、お手伝いをして下さいました。副菜が多かったので、助かりました!









27回の閲覧

最新記事

すべて表示

全国の「子ども食堂」開催状況

コロナ禍の中、「子ども食堂」の全国組織である「こども食堂ネットワーク」MLの呼びかけで、9月下旬に3回目のアンケートが行われ、39都道府県342団体が回答しました。 その集計結果が発表されています。  ※うちも、回答しています。 *活動の中心は、パントリー(=食材等の配布)やお弁当の配布。 *「子ども食堂+お弁当や食材等の配布」をしている所は 24.6% ◎10月現在、3割ほどの「子ども食堂」が「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now