検索
  • あがつま

チャイルドラインのカード


◆電話やインターネットで子どもの悩み相談に応じている「NPO法人チャイルドライン支援センター」 「学校が始まる直前や始まってしばらくは、不安があったり、しんどくなってしまったりする。とにかく1人で抱えないで誰かに話してほしい」

1人でも多く相談窓口を知ってもらおうと、「全国こども食堂支援センター・むすびえ」では、子どもたちが集まる「子ども食堂」に電話番号を記載したカードを発送する作業が行われ、その様子がのNHKの首都圏ニュースで報道されたました。 私たち「滝野川子ども食堂」も手を挙げて、今日、届きました!

小学生から高校生まで渡せるように、振り仮名のあるカードも。来週の「子ども食堂」で使います。


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now