top of page
検索
  • あがつま

チャイルドラインのカード


◆電話やインターネットで子どもの悩み相談に応じている「NPO法人チャイルドライン支援センター」 「学校が始まる直前や始まってしばらくは、不安があったり、しんどくなってしまったりする。とにかく1人で抱えないで誰かに話してほしい」

1人でも多く相談窓口を知ってもらおうと、「全国こども食堂支援センター・むすびえ」では、子どもたちが集まる「子ども食堂」に電話番号を記載したカードを発送する作業が行われ、その様子がのNHKの首都圏ニュースで報道されたました。 私たち「滝野川子ども食堂」も手を挙げて、今日、届きました!

小学生から高校生まで渡せるように、振り仮名のあるカードも。来週の「子ども食堂」で使います。


閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page