top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

「子ども食堂」全国調査


「NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ」が、全国のこども食堂地域ネットワーク等と合同で行った調査結果が発表されました。

 ※「子ども食堂」の数の調査は、ゴールデンウイーク前に「北区子ども食堂ネットワーク」にも依頼がありました。 結果は、予想を超えて3,700か所余り! 子どものことに関心をもつ大人が大勢いるということが、本当に嬉しいです!

「3,700ヶ所という数は、全国に4,000ヶ所ある児童館とほぼ同じ。児童館くらいの身近さに、こども食堂がなり始めている」 「こども食堂が「貧困家庭の子どもを集めて、ごはんを食べさせるところ」だとしたら、こども食堂の究極の目的はゼロになること」

でも、それだけじゃない。 「家庭の経済状態に関係なく、親でも先生でもない大人たちと出会う場所。それを通じて、多様な価値観を身につけ、人生の選択肢を広げていく場所 」

 ※都道府県別の充足率のグラフも載っています。


閲覧数:366回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1回「COCORO自習室」のご報告

早くも区内中学校の1学期中間考査の時期がきて、普段「COCORO学習室」を利用する子どもを中心に、「COCORO自習室」を6/4(火)~6/13(木)8日間実施しました。なお、水曜と木曜は定例の「子ども食堂」「mini子ども食堂」並びに学習支援教室(COCORO学習室)を兼ねています。中学生5人が参加(延べ35人)し、講師や会員は延べ69人でした。 会員で調理当番のシフトを組み、学習支援講師の学生

bottom of page