検索
  • あがつま

「学習支援教室」の近況


「滝野川子ども食堂」を運営する「COCOROごはん」は、子ども支援事業として「滝野川学習支援教室」と「COCORO学習室」も行っています。計24人の子どもが登録し、ボランティア講師の分も含めて40食近くの小夜食・おやつを提供しています。お腹を空かせいては、学習に身が入りませんから^^;

ご寄付や在庫により、うどんやオニギリ、ホットドッグ、ハッシュド・ポーク、親子丼など、工夫しています。

講師の出欠に合わせたコーディネートや学童のお迎え、保護者対応などもしていると、調理・配膳担当は4〜5人。片付け作業もあるため、お皿も一つになってきています^^;

小夜食が出る頃に来所し、食後にちょっと宿題して、学習し終わった他の子と遊び出す子もいて、ヤレヤレ…ですが、来所して宿題をやる習慣が身に付くことを期待しています。 ※写真は、親子丼。食事量の少ない低学年は食べられる分だけ、卵が苦手の子は卵ナシの「鶏丼」にするなど、残さずに食べられるよう、工夫しています。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

全国の「子ども食堂」開催状況

コロナ禍の中、「子ども食堂」の全国組織である「こども食堂ネットワーク」MLの呼びかけで、9月下旬に3回目のアンケートが行われ、39都道府県342団体が回答しました。 その集計結果が発表されています。  ※うちも、回答しています。 *活動の中心は、パントリー(=食材等の配布)やお弁当の配布。 *「子ども食堂+お弁当や食材等の配布」をしている所は 24.6% ◎10月現在、3割ほどの「子ども食堂」が「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now