検索
  • あがつま

「学習支援教室」の近況


「滝野川子ども食堂」を運営する「COCOROごはん」は、子ども支援事業として「滝野川学習支援教室」と「COCORO学習室」も行っています。計24人の子どもが登録し、ボランティア講師の分も含めて40食近くの小夜食・おやつを提供しています。お腹を空かせいては、学習に身が入りませんから^^;

ご寄付や在庫により、うどんやオニギリ、ホットドッグ、ハッシュド・ポーク、親子丼など、工夫しています。

講師の出欠に合わせたコーディネートや学童のお迎え、保護者対応などもしていると、調理・配膳担当は4〜5人。片付け作業もあるため、お皿も一つになってきています^^;

小夜食が出る頃に来所し、食後にちょっと宿題して、学習し終わった他の子と遊び出す子もいて、ヤレヤレ…ですが、来所して宿題をやる習慣が身に付くことを期待しています。 ※写真は、親子丼。食事量の少ない低学年は食べられる分だけ、卵が苦手の子は卵ナシの「鶏丼」にするなど、残さずに食べられるよう、工夫しています。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now