検索
  • あがつま

2月2回目の「子ども食堂」


◆参加:55人(幼児3・小学生50・保護者3) ◆スタッフ:19人(会員12、お手伝い3、学習支援講師4) ◆献立:ツナとコーンのピラフ、具だくさんの豚汁、ミニトマト、浅漬け、りんご

※今日は、馬場自治会館を「学習室」とし、6時過ぎの食事まで、小学生10人ほどが宿題や備え付けのドリルで学習しました。遊ぶ部屋(馬場ふれあい館)と分けたことで、集中できたようです。 ※支援者から、生チョコの寄付がありました。お土産としてお持ち帰りとしました。 ※北区社会福祉協議会を通じて、ツナ缶とコーンの缶詰のご寄付がたくさんあったので、玉ねぎを加えてピラフを作りました。 ※緊急事態発生!2年前に購入した二升炊きの炊飯器に異常が生じ、「ご飯が炊けていない」事態に!(国産です) 「鍋で炊くのが、早い」「私、炊けます!」という最年少の会員が、活躍(^^; 五号炊き・八合炊きのを配っているうちに、無事に炊きあがりました。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now