top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

2019こども食堂サミット


今年も、「こども食堂サミット」に参加しました(会場は、豊島区役所内ホール)。 事務局の発表では、北海道から沖縄まで32都道府県から約230人の参加があったそうです。

9時に「「COCOROごはん」会員2人で行き、設営や資料作りを手伝い、その後の映画「こどもしょくどう」試写会・舞台挨拶(監督と出演者)からは3人で参加。 子役2人は上手だったし、挨拶も可愛かったです(^^♪

◎第1部 全体プレゼンテーションでは、社会福祉協議会が「子ども食堂」を主導している滋賀県、市長の号令で担当係長が仕事として「子ども食堂」を増やして企業との提携までやってくれている北九州市の報告。 助成金さえ出ない自治体もある中、スゴイ仕事ぶりだと思います。 でも…トップが変わったらどうなる?号令に付いてきている市民は、自分達の力で継続できないのではないか?という危惧も。

◎第2部 グループディスカッションでは、沖縄だの宮崎・岡山から来られた方のお話も聴けました。 年に一度の集まり。地域によって事情は異なりますが、大勢の「子ども食堂」運営者の熱意に触れて、いつも励まされます。

◎映画「こどもしょくどう」は、食堂を経営する夫婦とその子どもがいて、母親がネグレクトや貧困にある子ども達にご飯を食べさせているうちに…息子が車上生活の姉妹と出会って色々あり…子どもに無料で食べさせるようになったと。 これは、「子ども食堂」とは違う。食堂だから、「トンカツやから揚げ、ハンバーグ、オムライス…何でもいいよ」と。この映画を観て「子ども食堂」を誤解する人が増える気がする。 まず、ご飯を食べさせるだけじゃ問題は解決しない。福祉に繋げないといけない子もいるし、無料で毎日、子どもに豪華な食事をせたら、経営が破綻する。 子どもが困っているのに「色々事情があるだろ」と何もしない夫。ご飯を食べさせるだけで、夫の了解が無ければ何もしない母親。善意だが、よくありそうな夫婦の姿が「子どもの困難は、大人の問題」だと問題提示できるかもしれない。


閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年「春休みの居場所事業」

春休みの「長期休業中の居場所事業」のご報告です。 1.活動日数と参加者数 ①活動日数8日間(2024.3.26~4.5の平日) ②子ども28人参加、のべ166人 (自習や昼食、弁当のみ子も含む) ③講師数 計10人、のべ25人(社会人、学生) ④会員、ボランティア のべ33人 ◆学ぶ 毎回、午後2時~4時は自習タイム。学年の振り返りをする子や入学予定の高校の課題をこなす子 も。新高校1年生も小学生

頑張ったね!

北区社会福祉協議会と共同運営している小学生向けの「滝野川学習支援教室」では、今週、今年度最後の教室を終えました。 卒業する小学6年生の子どもたちに、名入りのシャープペンシルやノート、お菓子を手渡して、皆で「よく頑張ったね!」と拍手。 ※昨年4月に「毎週開催」に切り替えてから特に、集中して学習に取り込む姿がみられていました。 「(一社)COCOROごはん」では中学生向けの教室(自主事業)も運営してい

bottom of page