top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

職員研修


区の職員向けの研修で、お話をしてきました。 テーマは「子どもの貧困」と「子ども食堂との連携」、午前の部と午後の部に、各25分の持ち時間。合計で94名のご参加。

全国的な動向、「こども食堂ネットワーク」「北区子ども食堂ネットワーク」、そして、滝野川子ども食堂のこと、話したいことがいっぱいあって、内容を削るのに苦労しました。

学校、学童保育やわくわくひろば、スクールソーシャルワーカー、子ども家庭支援センター…困難な状況にある子どもについて、ご相談したり連携したい部署の方たちにお話する機会をいただけて、感謝です!

メインスピーカーは、荒川の「子ども村 中高生ホッとステーション」の大村みさ子さん。「北区子ども食堂ネットワーク」仲間の小池さん(こども食堂あゆみ)も。お二人のお話を参加者と一緒に聴けたことも、良かったです(我妻)

※4月に発行した「北区の子ども食堂ガイド」の改訂版が完成!新加盟の「子ども食堂」を加筆し、ロゴとQRコードも入れました。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年「春休みの居場所事業」

春休みの「長期休業中の居場所事業」のご報告です。 1.活動日数と参加者数 ①活動日数8日間(2024.3.26~4.5の平日) ②子ども28人参加、のべ166人 (自習や昼食、弁当のみ子も含む) ③講師数 計10人、のべ25人(社会人、学生) ④会員、ボランティア のべ33人 ◆学ぶ 毎回、午後2時~4時は自習タイム。学年の振り返りをする子や入学予定の高校の課題をこなす子 も。新高校1年生も小学生

頑張ったね!

北区社会福祉協議会と共同運営している小学生向けの「滝野川学習支援教室」では、今週、今年度最後の教室を終えました。 卒業する小学6年生の子どもたちに、名入りのシャープペンシルやノート、お菓子を手渡して、皆で「よく頑張ったね!」と拍手。 ※昨年4月に「毎週開催」に切り替えてから特に、集中して学習に取り込む姿がみられていました。 「(一社)COCOROごはん」では中学生向けの教室(自主事業)も運営してい

bottom of page