top of page
検索
  • あがつま

11月第2回目の「子ども食堂」


◆参加:46名(幼児5、小学生36、中学生2、保護者3) ◆スタッフ:18名(会員12、お手伝い4、学習支援講師2) ◆献立:豚丼、かき卵汁、ミニトマト、キュウリと大根の昆布付け、柿、みかん(下記は、スタッフが実家からもいできたもの、みかんは「日本みかん農協」からのご寄付)

◎今回も、「ボラ窓」のメンバー(大学4年生)お一人が、お手伝いに来てくれて、子ども達と遊んでもらいました。 ◎小学生は馬場ふれあい館で宿題の指導、中学生は自治会館で学習指導をしました。 ◎「ホームページを見た」と、2組の親子さんが初来所。お子さん3人が同じ保育園。計3組の親子さんがいたため、ゴザを足して長机を用意しました(椅子だと、お膝の上に乗せられない幼児がひっくり返る恐れあり)。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page