top of page
検索
  • あがつま

6月第1回目の「子ども食堂」


完成した「馬場自治会館」を始めて使いました。 ◎献立:回鍋肉、春雨とチンゲン菜の中華スープ、ミニトマト、キュウリの浅漬け、果汁のゼリー ◎参加:58人(うち、保護者4人)、スタッフ:10人、お手伝い2人

※都営滝野川二丁目アパートの会長さんから、集会所であるお隣りの「馬場ふれあい館」も使っていいと言っていただいたので、遊び場と食堂で分けることができ、調理がし易かったです。 ※予約が10人ちょっといて、参加者が50人に達したところで締め切りました。兄弟が既に来所していた子もいて、お断りするのが辛かったです。「予約してくれれば、とっておくよ」と。 そして…受付をせずに「ふれあい館」で遊んでいた子達がいることが分かり!! 会場が二つになると、準備・片付けや見守り役・受付チェック役など、スタッフ増員が必要だと感じました。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page