検索
  • あがつま

2月第2回目


◎参加50人(保護者6人、幼児7人、小学生37人)、スタッフ:9人、お手伝い:1人 ◎献立:鶏そぼろ丼(ブロッコリー・ミニトマト付き)、みそ汁、キュウリの浅漬け、苺、ヤクルト(寄付)スニッカーズ(寄付)

※幼児連れの親子さんが3組。うち1組は、会場の前を通りかかり、看板を見ていたところを「どうぞ!」とスタッフに声を掛けられてのご参加でした。 ※1月にお子さん二人を連れて参加した親子さん、今回はパパ同伴で来所。 ※学童の姉弟。今日は家族が「子ども食堂に行くので、早帰り」と申告し忘れて、6時まで帰れない状態に。保護者に依頼されて別の子達をお迎えに行ったスタッフに、「行くから、とっといて~!」と。家族に留守電を入れて、無事、学童に連絡がつき、バタバタと来所(* *; ※このところ、男女6人ほどのグループで来ている6年生グループ。今日は、「構ってほしい」とばかりに寄ってきた1年生を抱っこしたり、少し余ったヤクルト・スニッカーズをチビッ子達に「じゃんけん」で分けてくれたりと、活躍してくれました。 昨年の6年生がそうだったように、卒業が近くなると、ぐっと距離が縮んでいくのかな。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now