top of page
検索
  • あがつま

12月第1回目の子ども食堂


昨夜の「子ども食堂」の参加は、1歳~高校生までの子どもが47人、保護者1人で、計48人。 スタッフ8人、お手伝い1人でした。 ◎献立:エビピラフ、クリームコーンスープ、ミニトマト、キャベツの浅漬け、梨。

※おやつに、ポップコーンを作りました。大人気(^^)v

※エビプラフは、ADインベストメント・マネジメント株式会社さんからのご寄付です。 ※梨は、西ヶ原在住の方からのご寄付。いっぱいあったので、お代わり続出! ※盛岡市の牧師さんから見学のお申込みがあり、会場でご説明しました。3.11の際に被災地で炊き出しをされ、その後、不定期で「子ども食堂」を開いてみて、定期開催をしたいということでした。予想通り、「ご自身のご都合にうちの開催日が合った」ということで、ホームページが取り持つ縁ですね(^^; ※スタッフの欠席・早退があり、朝、「梨を剥きに来て!」とお手伝いを一人確保。お話しながら入会をお誘いしたところ、快諾を得ました(^^♪ 若手保護司です。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page