検索
  • あがつま

11月1回目の子ども食堂


◎参加:55名(内、保護者3名)。  定員は40名ですが、50名まで用意できると予想し、受付担当に「50名までね!」と言っていたら、食事時に高学年グループが押し寄せて…。 ◎献立:山菜おこわ(アルファ化米)、豚汁、キャベツの浅漬け、みかん

※「白いご飯」好きがいるので、ご飯も炊きました。「山菜って何?」と不思議そうに聞く子もいて…食べたことがないんですね! ※具だくさんの豚汁は、お代わり続出。5杯も食べた女子がいて、配膳担当は「お腹大丈夫?」と心配していました。 ※「ホームページで見た」と父子が来所。 ※「ホームページで見た。寄付したいので振り込みたい」と事前にメールを下さった女性がいて、滝野川在住なので「遊びに来て下さい」とお誘いしたところ、仕事帰りに来所。「子どもの頃、働いている両親の帰りをお腹を空かせて待っていた」ので、共感した下さったようです。

「ホームページ」効果は絶大ですね(アンケートもいっぱいきます…) ※滝野川在住の方から、お米を寄付していただ、北区の子ども食堂仲間にもお分けすることができました。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now