top of page
検索
  • あがつま

◆滝野川学習支援教室便り


講師の欠席・遅刻が多い時は、1人の講師の方に2~3人の子を担当してもらっています(コーディネートも運営の仕事)。なるべく学年が同じ子をと思っていますが…学力も様々なので、結局、個別指導です。 講師ごとにまとまって座ってもらうので、おやつの時間などに同じ講師に付く子ども等が仲良くなったり。

子ども用の小夜食、調理パンは地域のパン屋さんに予約していますが、事情で?バラバラの時があります。... 好みも色々なので、選ぶのも楽しいようで。どれにしようか…迷っている姿が可愛い (^^♪

講師用の冷やしうどんやオニギリに「いいな~」と言う子もいて、子ども達に希望をきくと、パン派とオニギリ派に別れました。うどん

も好評だったので、色々出しましょうかね。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page