top of page
検索
  • あがつま

滝野川学習支援教室


8月から開始する、無料の「滝野川学習支援教室」の顔合わせ・打ち合わせ会を行いました。

この事業は「北区社会福祉協議会」(北社協)と共同で行うもので、「滝野川子ども食堂」を実施している「COCOROごはん」が地域で運営していきます。

生徒の定員15人に対して、講師を12人集めることができました(うち、北社協さんの紹介が3人)。主に、滝野川地域にお住まいの方たちです。内訳は、中学(数学・英語)・小学校等の教員・講師経験者が9人。学生さんなどの講師補助が3人。 事業の説明・自己紹介をした後で、教材や指導方法・記録方法などについて、アレコレ話し合いました。

子どもと講師両方の出欠席の連絡・記録、教材の管理、小夜食やおやつ・麦茶・会場の用意など全ての雑用を私たち運営団体のスタッフが行います。

月2回のボランティア(講師も運営者も無償)。和やかな雰囲気で、子ども達が楽しく学習できるよう、気を遣っていきたいと思っています。

※「生活困窮世帯の子どもの学習支援事業」です。個人情報保護のため、非公開です。


閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page