検索
  • 我妻 澄江

7月第1回目の子ども食堂


◎参加者49名(0歳~中学生45名、母親4名)、見学者5名、スタッフ9名。63人が食事をしました。見学は、これから「子ども食堂」を開きたいという保育園の方と、北区更生保護女性会。

◎献立:焼肉丼、みそ汁、胡瓜の浅漬け、バナナ、棒アイス

先月引っ越してきて初めてのエアコンを使用。炊飯器のスイッチを入れたら…電源が落ちた(××)仕方なく、エアコンを切る羽目になりました。いや~、暑かった! ※次回は、一台を他所で炊き、エアコンから遠くてサウナ状態の台所に送風するため、扇風機を持参することに決定!

◎初参加:親子さんが3組(赤ちゃん・幼児・小学生連れ)と小学男子数人... ◎中1と小学中学年の「お手伝いし隊」が、嬉々としてキュウリの浅漬け作業。 ◎地域の保護司仲間(牛肉卸業)から格安で牛肉を買うことができました。「柔らくて美味しい」と大好評。やはり、「野菜が食べられない」「肉だけお替わり」という子が(^^; ◎40人の定員に達し、「閉店」の看板を出したましたが、遅い時刻に中学生男女のグループが入り口でモゾモゾ…。ご飯とお肉がまだあったので、「どうぞ!」と。1時間も居られなかったけれど、皆で「自撮り」したりして、実に楽しそうでした (^^♪ ◎更生保護女性会の方は、保護司仲間・先輩でもあります。

(お手伝い、ありがとうございました。加えて、ご寄付のバナナ、ご馳走さまでした)


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now