検索
  • 我妻澄江

ブログ、回復!


ホームページのブログが、最近、文字が重なって見難くなり、困っていました。 何もしていないのに、突然!!です。どういうことなんでしょ…。

Wix(提供している会社)が改良してくれないようなので、サイトで確認しながら 原稿の設定ページで記事の幅を狭くしてみたところ、以前のように見られるようになりました。ホッ…。

※子ども達の靴、こんな感じです。寒くて戸を閉めようとして 内側で揃えたりするのですが…大人がチャチャッとやってしまうのがいい訳ではないとも思うし。子ども達との関係をみながら…戸の内側に揃えて置くよう、言おうと思っています。

うちの3歳の孫は、玄関で自分の靴を揃えます。スゴイ!!うちの息子達とは違う(^^;

小学生に、何でこんな脱ぎ方をさせておくのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが… スタッフがミーティングを始める4時過ぎから子ども達がやってきて、受付する4時半には受付担当が忙しく(調理担当は台所にこもりっきり)、

兄弟姉妹・友達と連れだってドドーっと来るので、ふと見ると…この有り様。一度内側に並べて戸を閉めても、後から後からやってきて、またまた戸が閉まらない。そんな状態です。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子ども食堂」の全国アンケート結果

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。 「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」 「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」 「50.7%と、約半数が再開予

COCOROファミリープログラム

新しい事業を立ち上げて、活動を始めています。 子どもの「困った!」に個別に対応して、チームで支援する活動です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

セーフガーディング

北区社会福祉協議会と協働運営の学習支援教室が、区内に7か所あります。 コロナでお休みしている教室もありますが、社協がZoomで運営者向けの研修をしてくれて、全教室から20人ほどが参加し、最後の30分ほどは、グループに分かれて他教室のメンバーと意見交換もできました。 内容は「子どもと若者のセーフガーディング」 国際NGOの「ワールド・ピジョン・ジャパン」の職員の方たちが、講師です。 ◆セーフガーディ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now