検索
  • あがつま

保健衛生講座


世話人4人で、保健所の職員さんによる衛生講座(北社協主催)を受けました 北区では、(名簿を作るなど)参加者が特定できて、月2回程度の福祉的な食事提供では、保健所への届け出が不要とのこと(自治体による裁量)。

◎ノロウイルス対策やシッカリ手洗い講習を受けました。 スタッフには…「イラストのような症状があったら、お休みするように」と指導されました。ハイ、徹底しまーす!

◎質疑応答の時間、「食中毒とノロウイルス感染の違いは?」という質問に対して、 「食中毒の場合は、ほぼ一斉に症状が出る」「感染の場合、感染者から他の人にうつっていくのに時間差がある。それ以前に、既に症状が出ている人がいる」と。

なるほどねー。


30回の閲覧

最新記事

すべて表示

全国の「子ども食堂」開催状況

コロナ禍の中、「子ども食堂」の全国組織である「こども食堂ネットワーク」MLの呼びかけで、9月下旬に3回目のアンケートが行われ、39都道府県342団体が回答しました。 その集計結果が発表されています。  ※うちも、回答しています。 *活動の中心は、パントリー(=食材等の配布)やお弁当の配布。 *「子ども食堂+お弁当や食材等の配布」をしている所は 24.6% ◎10月現在、3割ほどの「子ども食堂」が「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now