検索
  • あがつま

防災クラッカー


先月下旬、「全国こども食堂ネットワーク」のMLで情報をいただき、「食品ロス・リボーンセンター」から防災備蓄食品としてクラッカー・ビスケット2缶をいただきました。一斗缶に35袋、重い!

オープン前の4時(スタッフミーティング中)から来ている子達もいて、食事前のおやつとして大変重宝してました。スタッフが用意したクリームチーズやジャム・チョコスプレッドを塗ったり挟んだりして、「ご飯より、こっちの方がいい」と言う子もいたりして (^^;

 ※チョコをはさんで「チョコサンド!」きれいに塗って、挟んで、市販品のように美しく並べていた小学4年の女の子は、初めて会った子(初参加)にも、それをあげていました。 「おー、気遣いのできる子であったか」と気付かされた出来事でした。

2月中の賞味期限のため、「今月中に食べてね!」と言って、帰宅時に1袋ずつお土産に持たせました。昔ながらのシンプルな味のものなのですが、皆、笑顔。

「ホントにいいの?」「まだあるから、もう一個いい?」と大人気。

「この一斗缶、もらえない?」と言った子も!プレイパークで覚えた言葉かな?

自治会の倉庫にお米や野菜を保存させてもらっているので、一斗缶も大活躍 (^_^)v


48回の閲覧

最新記事

すべて表示

全国の「子ども食堂」開催状況

コロナ禍の中、「子ども食堂」の全国組織である「こども食堂ネットワーク」MLの呼びかけで、9月下旬に3回目のアンケートが行われ、39都道府県342団体が回答しました。 その集計結果が発表されています。  ※うちも、回答しています。 *活動の中心は、パントリー(=食材等の配布)やお弁当の配布。 *「子ども食堂+お弁当や食材等の配布」をしている所は 24.6% ◎10月現在、3割ほどの「子ども食堂」が「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now