検索
  • あがつま

こども食堂サミット2017


1月15日(日)午後、としまセンタースクエア(豊島区役所1階)で開催された「こども食堂サミット2017」に世話人3人で参加しました。

地理的に近い上に、入場料無料。MLには「新幹線で行くので積雪が心配です」という投稿もある中、私達は自転車・バス・都電で30分以内に来られるのですから、幸運です。

会場提供の豊島区長・副区長・教育長、内閣府・文科相の担当者もご来場。「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」さんの力を感じます。

今、子ども食堂は全国に400か所以上となり、「こども食堂ネットワーク」という全国連絡会には195か所が加盟しています。

お話を聴きながら…人口密度の高い都会と地方では、子ども食堂の在り方も大分違うように感じました。行政と連携して市内をたちまちネットワークしてしまうNPO法人のやり方は真似することはできませんし、民家を借りて無休で子どもの支援をする活動は、私達の力では難しい。深い感銘を受けつつ、できる範囲でのヒントをいただけました。母親が自殺して父子家庭となった 公益財団法人「あすのば」の事務局 村尾さんの体験談には胸が熱くなり、力もらいました。

会場には、北区のこども食堂仲間の「キタクマ」さんもいらっしゃいました。


142回の閲覧

最新記事

すべて表示

全国の「子ども食堂」開催状況

コロナ禍の中、「子ども食堂」の全国組織である「こども食堂ネットワーク」MLの呼びかけで、9月下旬に3回目のアンケートが行われ、39都道府県342団体が回答しました。 その集計結果が発表されています。  ※うちも、回答しています。 *活動の中心は、パントリー(=食材等の配布)やお弁当の配布。 *「子ども食堂+お弁当や食材等の配布」をしている所は 24.6% ◎10月現在、3割ほどの「子ども食堂」が「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now