top of page
検索
  • あがつま

子どもの居場所

政府から自治体に向けて、下記のような文書が出されました。

「子ども食堂」だけでなく、児童館やプレーパーク・公園も、子ども達にとって「居場所」。決して「不要不急」ではありません。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page