検索
  • あがつま

助成金の交付決定!

北区には学習支援教室の助成金制度が無いため、学習支援事業については、北区社会福祉協議会の「歳末助け合い募金」の助成金を申請しています。

例年は4月に前年度の報告書提出・新年度の応募があるのですが、コロナで対面できず、社協もコロナ禍による援助の仕事で手一杯となり、また、活動団体の殆どが活動をお休みする事態となっていたため、8月にやっと受付してもらえて、先日、審査があったのでした。

交付決定!ありがとうございます。


※私たちの活動は必要に迫られて、お休みすることなく、続いていました。( ① 子ども達の学習が「学校休業」で停止状態。塾のオンライン授業を受けている/家庭で保護者に学習をみてもらえる子達と差が開く一方でした。 ② 家庭が居場所でない子ども達には、息抜きできる場が必要でした。)

コロナの感染で3月から休止したままの「子ども食堂」や「学習支援教室」は多いですが、子ども達の状況は待ってくれません。とにかく続けて、毎週、子ども達と接する(安否確認)ことが必要だと、私たちは思っています。

※教室でも食事を提供しているため、この助成金では足りませんが、個人からの寄付金やNPO法人・企業からの食品支援で何とか運営しています。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言

東京では緊急事態宣言が発令されましたが、今のところ… 下記のような(昨年と同様の)基準で、活動の継続を予定しています。 ※区立小中学校の給食が停止になれば、食堂を弁当配布に切り替え、スタッフの人数を最小限に減らす。 ​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now