top of page
検索
  • あがつま

「子ども食堂」の全国アンケート結果

更新日:2021年3月12日

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。

「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」

「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」「50.7%が再開予定が立っていない状況」


※「こども食堂とは?」という質問をテキストマイニングした結果、「居場所」「つながり」「温かい」というキーワードのスコアが高くなりました。こども食堂は子どもの貧困対策と地域交流拠点の二本柱で運営されているところがほとんどですが、地域のあたたかいつながりのある居場所としての思いがつまったところでもあることがわかります。」

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆当会の副代表、佐古より 「COCOROごはん」の他に、「北区で子どもの遊ぶ場をつくる会」や民生児童委員の活動をしています。地域でたくさんの子どもと出会うなか、家庭で暮らせなくなった子もいます。家庭で暮らせないということは、地域で過ごせないということ。自由に遊んで好きなものを食べたり、友だちと過ごしたりといった何気ない地域生活ができなくなります。 やるせない気持ちになりますが、救いとなるのは社会的

bottom of page