top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

「子ども食堂」の全国アンケート結果

更新日:2021年3月12日

2月に実施されたアンケート結果が公表されました。

「こども食堂を開催していると回答した人が11.9%と、昨年9月に実施したアンケート結果と比べて 9.3%減少している一方で、複数活動を実施している団体が、35.9%と 9月に実施したアンケート結果と比べ24%増加している。」

「こども食堂の非開催理由の回答として、感染防止の対応が難しいことを理由にする人が74.2%」「50.7%が再開予定が立っていない状況」


※「こども食堂とは?」という質問をテキストマイニングした結果、「居場所」「つながり」「温かい」というキーワードのスコアが高くなりました。こども食堂は子どもの貧困対策と地域交流拠点の二本柱で運営されているところがほとんどですが、地域のあたたかいつながりのある居場所としての思いがつまったところでもあることがわかります。」

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1回「COCORO自習室」のご報告

早くも区内中学校の1学期中間考査の時期がきて、普段「COCORO学習室」を利用する子どもを中心に、「COCORO自習室」を6/4(火)~6/13(木)8日間実施しました。なお、水曜と木曜は定例の「子ども食堂」「mini子ども食堂」並びに学習支援教室(COCORO学習室)を兼ねています。中学生5人が参加(延べ35人)し、講師や会員は延べ69人でした。 会員で調理当番のシフトを組み、学習支援講師の学生

Comments


bottom of page