top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

「北区子ども食堂ネットワーク」情報交換会

更新日:2023年3月13日

北区子ども食堂ネットワーク」の情報交換会を対面で開催、19団体の運営者が集まりました。

1か所、活動を終えた団体がありましたが、新規の「食堂」が3か所もありました。 5グループに分かれての交流会では、運営について様々な話題で盛り上がりました。やはり、対面の集まりは気軽に話ができて、いいですね!


私のグループには新規団体の運営者がいて、板橋区で既に開催しているとのこと。「いたばし 子どもの居場所ネットワーク」のお話を伺うことができました。区の畑を借りている区民から食堂に「野菜の定期便」(箱の中身にドキドキ)が届くとか。

「困っている子を特に支援したい。どうすればいいか?」という質問については、公開・非公開と両方の開催している団体から実例をご紹介しました。学習支援教室についてのご質問に答えて、財団の助成金やAmazonの応援プログラムのお話も。


休憩をはさんで、区の子ども家庭支援センターから「虐待」についての説明、事業の紹介や連携依頼のお話がありました。



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第1回「COCORO自習室」のご報告

早くも区内中学校の1学期中間考査の時期がきて、普段「COCORO学習室」を利用する子どもを中心に、「COCORO自習室」を6/4(火)~6/13(木)8日間実施しました。なお、水曜と木曜は定例の「子ども食堂」「mini子ども食堂」並びに学習支援教室(COCORO学習室)を兼ねています。中学生5人が参加(延べ35人)し、講師や会員は延べ69人でした。 会員で調理当番のシフトを組み、学習支援講師の学生

Comments


bottom of page