top of page
検索
  • 執筆者の写真あがつま

「わんわん読書タイム」に参加しました!

区内大学にて開催された「わんわん読書タイム」に、犬好きの子ども達を連れて行きました。

※「わんわん読書タイム」は「R.E.A.D.プログラム」というアメリカから始まった活動で、現在では世界中で取り組まれているものです。このプログラムは、学齢期の子どもがセラピードッグに対して本を読み聞かせることで読書力の向上を促し、成功体験を育むものです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年「春休みの居場所事業」

春休みの「長期休業中の居場所事業」のご報告です。 1.活動日数と参加者数 ①活動日数8日間(2024.3.26~4.5の平日) ②子ども28人参加、のべ166人 (自習や昼食、弁当のみ子も含む) ③講師数 計10人、のべ25人(社会人、学生) ④会員、ボランティア のべ33人 ◆学ぶ 毎回、午後2時~4時は自習タイム。学年の振り返りをする子や入学予定の高校の課題をこなす子 も。新高校1年生も小学生

頑張ったね!

北区社会福祉協議会と共同運営している小学生向けの「滝野川学習支援教室」では、今週、今年度最後の教室を終えました。 卒業する小学6年生の子どもたちに、名入りのシャープペンシルやノート、お菓子を手渡して、皆で「よく頑張ったね!」と拍手。 ※昨年4月に「毎週開催」に切り替えてから特に、集中して学習に取り込む姿がみられていました。 「(一社)COCOROごはん」では中学生向けの教室(自主事業)も運営してい

Comentários


bottom of page